親の愛、親の喜び

久しぶりに実家に帰りました(^^)

夜、ダンスの練習があるからと言って夕方に帰ろうとしたら
練習前に軽く食べられるように、と
わざわざサンドイッチを作ってくれました 涙

「かぼちゃを食べたい」というKokoroの我が儘に合わせ
わざわざかぼちゃを煮て潰してかぼちゃサラダを作り
パンを焼いてサンドイッチにしてもたせてくれました。

親は親はいつまで経っても親だし
子どもはどんなに頑張っても子どもなんだなぁと思いました。

愛を返して差し上げたいけど
「ありがとう」としか言えない自分がもどかしいです。
神様にそう告げた時、

あなたが生きていること自体が親の喜びだ。生きる甲斐だ。

そのような感動がありビックリしました。

親でさえそうならば、ましてや神様はどうでしょうか?

その愛を今はまだ分からないけど
分かって差し上げる人に成長したいです。

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
日常生活での経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~