信仰の経緯

信仰の経緯

「見る」ことと「対話する」ことの差

最近伝えられた説教の内容に、私は「アーメン」としか言えませんでした。 どんな内容だったかというと、「御言葉を聞くことが神様を見ることだから、目で見ようとばかりしないで、御言葉で神様に会いなさい」という内容でした。 みんな神様を見たがります。...
信仰の経緯

2023年を振り返って

あっという間に2023年が終わろうとしていますね。 今年を振り返って一言でまとめると 早すぎた…。 2023年なんて遠い未来のように思っていましたが、もう2000年代も23年も経ったのですね…というのもありますし、気づいたら年末だったという...
信仰の経緯

分かって迎えるクリスマス

12月。師走。誰でもが忙しくなる時期、いかがお過ごしでしょうか? 12月最初の主日礼拝の日、私は子ども向けの礼拝にサポーターとして参加していたのですが、説教者が「12月は皆さんにとってうれしい月ですね」と言っていて「確かに」と思いました。 ...
信仰の経緯

「うつ病でも、希望をもって生きていく」制作裏話2~ページ数失敗した~

「『うつ病でも、希望をもって生きていく』制作裏話1」の続編です。 そんなこんなで「本を書きたい!」と思ったものの、社会人でフルで仕事をしながら新しく本を書くというのは、私には到底無理でした。 新たに書こうと思ってネタを書き溜めていた時期もあ...
信仰の経緯

「うつ病でも、希望をもって生きていく」制作裏話1

先月Amazonで発売開始した私の初めての書籍「うつ病でも、希望をもって生きていく」の制作裏話です。 裏話がありすぎて1回では書ききれないので、何回かに分けてお伝えしていこうと思います。 今回は「そもそもどうして急に出版したの?」というとこ...
信仰の経緯

職場で感じる神様の御働き

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師はよく「神様と一緒に生きる生」について説教をしてくださいます。 ご自身がだれよりも、生活の中で神様とイエス様をいつも呼んで、愛して、近くして生きているからこそ出てくる説教だなといつも思います。 神様とイエス様...
信仰の経緯

天国へ旅立った祖母

先月、母方の祖母が亡くなりました。 死因は老衰。亡くなる1か月前に95歳になったばかりでした。 病気で亡くなったわけではなく、天寿を全うしてくれた形だったので、そこはありがたかったです。 でも、寂しいです。 10年近く前から特養老人ホームで...
信仰の経緯

ディズニーを通して思い出した、大切なこと

数ヶ月前に誕生日を迎えたのですが、その当日に東京ディズニーリゾート(以下TDR)40周年をお祝いするコンサートに行きました。 その名も「東京ディズニーリゾート40周年“ドリームゴーラウンド”イン・コンサート」。 誕生日当日に東京公演があると...
信仰の経緯

怒りをコントロールすることと我慢することは違う

最近、仕事が忙しくてイライラしています。 仕事でかなり疲れてしまい、ずっとイライラしています。 けど聖書では、「怒り(=血気)」は悪いこととされています。 なので、私はよく「怒っちゃダメだ、怒ったら主の人格ではない」と思って怒りをなんとか抑...
信仰の経緯

「受け入れる」って1番大きな愛情表現かも

説教を聞きながら、ふと感じたことがありました。 「受け入れる」ことというのは、1番大きな愛情表現なのではないかと。 聖書を読むと、ヨセフやモーセ、ヤコブ、ダニエル、イエス様…神様が遣わしてご自身の体として使っていた人たちはいつも迫害されてい...