キリスト教福音宣教会との出会い①

土日いかがお過ごしでしょうか?( ^ω^ )

 

今日は自己紹介を兼ねて、私がどうしてキリスト教福音宣教会に入会し、鄭明析(チョン・ミョンソク、以下、先生)牧師の御言葉を信じるようになったのか。

経緯を少し紹介したいと思います。

(簡素化しても長くなるので何回かに分けて)

 

私がキリスト教福音宣教会に出会ったのは大学3年生の時でした。

就活を目前にした最後の夏休み、自己分析しておけーと学校で受けたセミナーにて葉っぱをかけられ、自分の人生の道について真剣に考えていた時期でした。

 

どのように生きていけばいいのか

自分が生まれた意味(人生の目的)

自分の個性

 

などについて考える方でしたが、就活という一つの壁にぶつかり、やりたい事が何もなくて、焦りもあったし

本当にどうしたらいいのか、真剣に考えるようになりました。

 

ひょんなことをきっかけに出会った会員の方に相談したら

「創った人に聞けばいいんだよ!」

と言われ、私は

( ゚д゚)

本当にこんなでした。

 

無神論者だった私は普通に「創った人って誰ですか??」と聞き返したら

「神様だよ!」と言われ

そこで私はまた聞き返しました。

 

「神様っているんですか?いるんだったらどうして戦争とか貧困とか、3.11のような災害が起こるんですか?」

 

私が神様の存在を信じられなかったのは、神様がいるなら戦争も貧富の差も、罪のない人が死ぬ理由もないと思っていたからでした。

 

そんな私にお姉さんは優しく答えてくれました。

 

「神様は裁きをなさる時、本当に胸を痛めながら、涙を流されながらされてるんだよ」

 

この話を聞き、裁きの神様というイメージしかなかった私は、神様にも感情があると知ってあまりにも驚きました。

 

神様にも感情がある」―そんなこと、考えたこともなかったからです。

 

この話を聞いて、それならどうして災害があるのか?戦争があるの?

その答えが解けるような気がしました。

 

ぼ~んやりと「世界が平和になったらいいな、日本がもっと明るくなったらいいな」というような漠然とした夢はありました。

 

しかし現実を見ると到底実現不可能に思えるし、実質的にその為には自分はどうしたらいいのか?という答えが見つからなくて、諦めていた夢。

 

この御言葉からなら答えが見つかるかも。

私の将来の道が見えるかも。

 

その僅かな希望で、私は御言葉を聞くことを決心しました。

 

簡素化したつもりが、長くなりました(^_^😉

 

かなり省いたつもりなのに、語り出すと止まらない(笑)。

 

ちなみに答えは見つかったのでしょうか?

 

はい!見つかりました!

 

続き?また思い浮かんだ時に、キリスト教福音宣教会との出会いについて

別の角度から書きたいと思います

 

‭‭ペテロの第二の手紙‬ ‭3:9‬ ‭

「ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。」

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました~!☆ミ

 

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!
ベイマックスのハッピーライドに乗りたい。
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする