鄭明析牧師の精神

月明洞に行って、鄭明析先生がお作りになった作品の数々を見て感じたこと。

それは、「最後まで」の精神。
何があったとしても「最後まで」行ない、遂には成し遂げてしまう。
先生のその強い精神でした。

仕事をしていて、難しいこと
新しく挑戦するから大変なこと
様々にありますが、その度に月明洞の作品が浮かび上がります。

 

「石は崩れても、私の心は崩れなかった。」

 

その言葉を思い出し
今日も立ち上がるのです。

この言葉が、私にとっては希望となり
力になるから。

辛くても、大変でも「最後まで」
この言葉を脳に挿して、感謝して明日からも頑張ります!