鄭明析牧師の精神

月明洞に行って、鄭明析(チョン・ミョンソク)先生がお作りになった作品の数々を見て感じたこと。

それは、「最後まで」の精神。
何があったとしても「最後まで」行ない、遂には成し遂げてしまう。
先生のその強い精神でした。

仕事をしていて、難しいこと
新しく挑戦するから大変なこと
様々にありますが、その度に月明洞の作品が浮かび上がります。

 

「石は崩れても、私の心は崩れなかった。」

 

その言葉を思い出し
今日も立ち上がるのです。

この言葉が、私にとっては希望となり
力になるから。

辛くても、大変でも「最後まで」
この言葉を脳に挿して、感謝して明日からも頑張ります!

 

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
信仰の経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~