≪詩≫愛

信仰の経緯
Capri23auto / Pixabay

ゴミを見つけて拾いました。
自然聖殿、ゴミ一つ拾うことが義になると仰ったことを思い出して
ゴミを見つけようと下を向いて歩いていたら
ハートの石がひとつ。
喜んで、もうひとつ見つけた。
詩を書こうと思って、またひとつ。

神様が「ありがとう」と心の内に呟かれた。

ここは野心作 神様の御座

 

作詞:momo

御言葉で世界が色づいた25歳社会人