秒を争う

信仰の経緯

ダンスの帰り道、少しだけ
ほーんの少しだけ、口が寂しくて
何かちょこっとだけ食べたいなと思いました。
そして、練習場所の最寄駅にあったコンビニに入りました。

でもやはりコンビニのものは嫌で、
結局何も買わずに出ました。

「今夜はもう何も食べず明日の朝に充分に食べよう」
と思い電車に乗りました。

しかし、自宅の最寄り駅に着いたらまたお腹が空き
再びコンビニに立ち寄りました。笑
そこでもやはりコンビニのものは食べる気にならず
「うん、明日の朝たくさん食べよう」と決心し
今度こそ家に帰りました。

家に帰ってからとてつもなく後悔しました。
私は一体どのくらいの時間を浪費したのだろう

コンビニに立ち寄った時間はほんの2〜3分くらいですが、
そのせいで電車一本乗り遅れたり、信号に引っかかったり
一つ一つのロスは数分でも、積み重なると大きくなる。
ロスした時間を全部合わせると、
あと10分は早く家に帰れたのでは?
と思うばかりです。

御言葉で牧師先生が「秒を争うように行ないなさい」と仰ったことがありますが
その意味がよ〜く分かりました。

たかが1分、されど1分。
その1分によって、多くの時間が奪われるし
時間を奪われたら、その時間すべきことができなくなって
結局、願っていたこともできなくなるんだなぁと
実際に経験してみて、分かりました。

御言葉をしっかり守って、時間を掴んでいれば
しなくても良い経験だったから悔しいなと思いつつ、
それでもこのように悟らせて下さり感謝です(*´ー`*)

時間を惜しみ、貴重に使おうと決心しました。笑