慣れって怖い

信仰の経緯

「慣れって怖いな」

そう思ったことありますか?

私は最近、怖いなと思った出来事がありました。

それは何かというと、

最近ずっとTwitterをピコピコと頑張っていたら

短い文章に慣れてしまったことです。

何が言いたいかというと

今まさにこの記事を読んでいるあなたは奇跡を見ているということです。

つまり

「あれ?ブロブの記事ってどうやって書くんだっけ?」

ってなりましたw

一時期は毎日のように書いていたのに(;’∀’)

前回、ブログをさぼっていた正直な心を暴露しましたが

Twitterの短い文章、しかもテーマというか一貫性なく本当に一言つぶやくだけという作業に慣れてしまった結果

本当にブロブの記事の書き方がわからなくなってしまい、余計書けなかったのです( ;∀;)

慣れって怖い。

良いように慣らさないと、自滅の道をたどることを実感しました( ゚Д゚)

どんなことでも長くやっていたら、<脳>も体質になり、<体>も体質になり、<心と精神と考え>も体質になって、味を覚え、慣れてしまいます。

宗教も、生も、好きなことも、異性も、同性も、インターネットも、淫乱物も、酒も、タバコも、各自「味を覚え、慣れたとおりに」好んで生きます。

考える通りに脳は作られていきます。反応を見せて固まっていきます。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

間違った自分の考えが自分を苦しめる。

だから最初から良いものにたくさん触れて、良い習慣をつけられるようにと

牧師先生が御言葉を伝えてくださったことを思いだしました。

よくないことが習慣づけられてしまったら

直すのが本当に大変(;O;)

でも先生は、希望をもって<直す>努力をすることを教えてくださいました。

間違ったことと味を覚え、慣れた、よくないことを『葬ること』だ。

味を覚え、慣れた、よいことは『もっとやること』だ。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

私だったら「こいつー!むかつくー!」となるけれど

寛容な心で受け入れてくださり、直すように教えて導いてくださるから

やはり「先生」という言葉が出てしまうし、ついていきたくなります。

その言葉と行ないが真実だから、「この人なら信じられるかも」という風格というか

人格を感じるのです。

 

より良い自分、より自由な自分、より生きやすい生活を目指して

日々、挑戦していきたいです☆