聖霊様の優しさ

信仰の経緯

とある平日のことです。

午後半休をいただき、仕事後まっすぐ自宅の最寄駅まで帰ってきました。

一度スーパーによって買い物をして帰宅したのですが

家に着いた途端、急激にこのような気持ちが沸き上がりました。

「プリン食べたい…」

Kokoroは甘いものが胃腸に合わないらしく

甘いものは全然好きではないのですが、

この時は異常にプリンが食べたくて仕方がならなくなりました。

 

他にも買いたいものはあったのでもう一度スーパーに行こうか迷いました。

単なる肉欲だろうと思い、時間ももったいないし我慢しようと思ったのですが

とにかくプリンを買って食べたい!!

衝動を治められず、結局自転車でさーっとスーパーに向かいました。

 

到着後、お目当てのプリンを真っ先にGetし、

安くなっていたさば缶をGetし

ふらーっと歩いていたら

なんと

教会の牧会者に出会いました。

 

教会の近くのスーパー、という要因はありますが

今まで何度もいったけど一回もあった事がない!

=スーパーに行くのは聖霊様の感動&御心だったのか!!(;゚Д゚)

Kokoroのただの肉欲ではなかったようでしたw

 

主日礼拝に出ていれば、何かとお話したり、顔をお見掛けするので安心するのですが

なにせ現在、主日礼拝に出られないので

実際に近く会ってお話するのは非常に久しぶりなことでした。

 

Kokoroが霊的に敏感で、主日礼拝に出られないことが

と~っても霊的にきついということを十分理解してくださっているので

とても気にかけてKokoroの話を聞いてくださいました。

 

実際に話した時間は数分ですが、関心をもってくださっていること

考えが肉的な方向に傾いていたKokoroの方向性を、霊に修正してくださったこと

ぎゅーっと抱きしめてくださったこと(牧会者は女性です)

すべてにおいて神様と聖霊様の熱い愛を感じて

霊的に、とても癒され力をもらいました。

 

「このタイミングでスーパーに行かなかったら

絶対に会えなかったなぁ」と思うと

疲れた体をひきずってでも、スーパーに行って良かったと思いました。

 

肉欲だと思っていた聖霊様の感動に従ったら、聖霊様の粋な愛に出会いました。

完全に聖霊と一体になりなさい。聖霊と一体になるためには、何よりも聖霊の感動を受けなさい。聖霊の感動を受けるためには感覚が必要ですが、感覚が鈍ければ感動を受けたことが分からない。だから、祈りなさいということです。祈って尋ねてみて、話もして、祈って、悟って、祈って、見る。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

 

聖霊様がいつも与えて下さる感動に

いつも敏感に気づいて答えられるように

続けて対話、祈り、愛の生活を頑張りたいなと思いました(◍>◡<◍)。✧♡

 

余談・・・

牧会者に会って話し終わった途端、プリンに対する食欲が一気に消え去り

元の場所に戻して結局購入には至りませんでしたw

プリン、ごめん。

価値を分かっておいしく食べてくれる人の手に渡りますように。