夢で見た天国の様子

信仰の経緯

夢で見たら、それは肉界ではないのです。霊界です。夢で見たら。

夢は、仕立てて見せる。仕立てるのです。そのように見えるように。

「主の名前で見せてください」と言ってください。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

ある日の明け方の御言葉で、鄭明析牧師先生が

霊界についておっしゃっていました。

Kokoroは夢で何度か霊の世界を見たことがあるのですが

この御言葉を聞いて、また見たくなり

「天国を見たいです。見せてください」と

お祈りしてから寝ました。

そしたらですね。

「仕立てて見せる」とおっしゃったとおり

本当に仕立てて象徴的に見せてくださいました。

どんな夢だったか、以下ご紹介します(・∀・)

夢の中のKokoroは、家に帰ろうとしていました。

家に着いてみると、そこは

南国〜な感じの雰囲気だけど

適度な気温で過ごしやすく、日差しが暖かく

机と椅子とが並んでて、フリースペースっぽくなっている綺麗な中庭がある

これまた綺麗でおしゃれなマンションでした。

知り合いが何人か話しているのを横目で見ながら

オートロックの扉を開けて、自分の部屋(3階)に行こうとしました。

途中、「あ、せっかく休日だから、大好きな天然酵母のパン屋さんで朝食買ってくれば良かった」

と後悔して少しションボリしました。

そう思った瞬間、自分の階にそのパン屋さんが併設され、

しかもカフェになっていて、イートインできる感じでした!

(本物はイートインスペースがないのでかなり嬉しい話)

考えた瞬間、願いが現実になり、ウハウハしながら中に入りました。

するとまたびっくり。

Kokoroの大好きなパンダのパンだらけだったのです!!( ゚д゚)

お店には装飾もパンダだらけ、クッキーとか小さなお菓子も全部パンダ柄/形!

それだけではないのです。

店内の構想もKokoroが大好きなログハウス風、

自然豊かな感じで、いるだけで癒されました。

核心は何かというとですね

細かならところまで全部Kokoro好みだったということです。

360度見渡して、目に映るもの、触れるもの

すべてが自分の好み通りで、

痛みも苦痛も心配も憂いも何もない。

人々はそのようなところを「天国」と呼ぶのではないでしょうか。

そして、「天国」に1番必要なこと。

それは、

愛する対象がいる。

ということではないでしょうか。

環境がいくらよくても、幸せがたくさんあっても

わかり合って、一緒に喜べる相手がいなくて

1人だと寂しいです。

一緒に笑って、わかち合って、

一緒に使って楽しめる相手がいれば

もっと嬉しいし、楽しいし、倍以上の喜びと幸せを感じられると思います。

この夢を通して1番感じたことが、

愛するパンダ対象がいるから幸せだ

ということでした。

一緒にやったらたくさんできるし、楽しい。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

アーメン。

1人で抱え込まず、1人で享受しようとしないで

一緒に」。

今週のテーマにして頑張ります☆

余談…

パンダのパンを夢で見たので正夢にすべく

ちょうどその日上野に行く用事があったので

現実にしました。笑

かわゆい。

神様と聖霊様と一緒に、美味しく頂きました╰(*´︶`*)╯♡

感謝しまーす*\(^o^)/*