クリスマスの思い出

信仰の経緯

ハレルヤ☆

メリークリスマスでした(´▽`*)

楽しみに待っていても、いざその時を迎えると

あっと言う間に過ぎてしまいますね(;^ω^)

 

クリスマス、どのように過ごされたでしょうか?

Kokoroは5週連続6連勤お疲れ様という名目で

昨日はお休みをいただきゆっくりと過ごしました。

 

24,25日と続けて教会でイベントやクリスマス礼拝があったので

それらに参加して霊的には十分すぎる恵を受け、大分元気になりました。

感謝( ;∀;)

 

クリスマス、というと毎年思い出す

神様との経緯があります。

約7年前、摂理に来て初めて迎えたクリスマスの日のことでした。

当時お世話になっていたお姉さんから、「クリスマスの礼拝があるから来ない?礼拝の前に家でご飯も食べよう」と誘われ、行くことにしました。

感動があり、一緒に食べようと思ってケーキを作りました。

 

話が前後しますが、

Kokoroは母親がクリスチャンで、クリスマスだけは毎年教会に一緒に行っていました。

教会に行く前日には、献品用に200枚クッキーを焼くという一大イベントがあり

クリスマスというと大量にクッキーを作るのと、教会に行くのと、プレゼントと、

家でも手作りケーキでお祝いと、

今振り返ると一年で一番といえるくらい楽しみにしていたし、嬉しい日として過ごしていました。

 

きっと、クリスマスには何かケーキとか用意するのが習慣になっていたのでしょう。

お姉さんのために、という思いもありましたが

摂理に来て、神様、聖霊様、御子、そしてイエス様についてはっきり学んだから

御子の体になってくださったイエス様、御子のために

いつも適当に作るKokoroですが、この時は

感謝して、横んで、真心をこめて、丁寧にきちんと作りました。

作る時間がとても幸せだったのを、今でも覚えています。

 

持っていったらお姉さんとその家の住人がとても喜んで下さり、Kokoroも嬉しかったです。

しかし、ご飯を食べながら過ごしていた時ある出来事が起こりました。

手違いで礼拝の時に皆で食べるようのケーキが足りなくなったと

教会の人から連絡があったのです。

 

わーどうしよう

とその場にいた数人で慌てた瞬間、

「あ、これもっていこうよ!」と

Kokoroが作ったケーキが教会で使われることになりました。

ショートケーキとかではなくて、パウンドケーキっぽいものだったので

急いで生クリームやデコレーションを買い付け

礼拝が始めるまでのわずかな時間にダッシュで盛り付け。(笑)

 

イエス様の誕生日ケーキとして、檀上に捧げられました。

しかも、お姉さんが感動を受けて

腸普段着で来た私にドレスを貸してくださり

パーディドレス姿で、神様の前に進み出て

ケーキを差し上げられるようにしてくださいました。

 

サムエル記上16:7

しかし主はサムエルに言われた、「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」

 

神様は、心をご覧になる。

学んだ御言葉通りに、真心こめて、たくさんお祈りして、神様に何かして差し上げたい

という心を受け取ってくださったのを目の当たりにして、とても驚きました。

 

心を込めて作ったケーキ。

その思い出を思い出し、今年も感動を受けて

ケーキを作りました。

 

超高級で特別な材料を使っているわけではなく

家にあった有り合わせの材料を使ったし

形はいびつだし

技術もないけれど

神様が一番喜ばれるのは、

神様が一番望むものは、

ただ<愛>。

 

愛の神様とのクリスマスの経緯を思い出し

神様の愛が、一層世界に満ちることを

改めて切に願い、一層祈り願い求めるクリスマスでした。

 

「第一は愛だ。」

鄭明析牧師の御言葉より抜粋