風邪をひいた時の治療法

信仰の経緯

こんにちは( ^ω^ )

 

気づけば6月も終わり。
気候の変動についていけないこころは最近、
風邪をひいて1週間近く席と鼻水が止まらず苦しんでいました(^◇^;)

 

病院行って薬をもらっても治らず。
鼻詰まりであんなに鼻が痛くなったのは初めてでした。

頭 鼻詰まりから来てるのか、頭痛も酷いし眠気もすごくて、朝起きられないし、祈っても鼻が痛くて集中できないし
霊肉共にボロッボロの1週間を過ごしていました(´;ω;`)

 

もうこれどうしようと思って泣きたい思いで礼拝に行きました。
治してくださいという祈りはずっとしてはいたのですが、肉的な治療だけではなくて、何か神様との間でも解かないといけないことがあるように思い
「必ず今日答えをください」
と切実にお祈りしてから礼拝に臨みました。

 

そしたらですね、神様って本当に面白いなと思ったのですが
説教というより、お祈りの中で答えをくださいました。

 

説教は良かったんです。内容的に本当にそうだー!と思う内容ではあったんですけど
答えをもらった感じはしませんでした。

悶々としていたらなんと。
説教が終わると牧師先生が最後に締めのお祈りをしてくださるのですが、急に
具合が悪いことが問題じゃない。神様とどれだけ近いかだ
と仰ったんです。

 

グッサァァアァ:(;゙゚’ω゚’):
答えキターーーと思ったらお祈りの中でかー!!

 

予想外すぎて衝撃。

 

そして多分、私は何か慰めてくれる言葉を期待していたのでしょう。
具合が悪ければ無理せず休みなさい的な言葉を。

しかし全然違う答え。

 

とりあえず答えをくださり感謝ですが、半ばヤケクソになってw

疲れていたし具合も悪いけど
「明日必ず明け方の礼拝いって祈り倒してやるー!!」
と決心し、讃美して感謝の祈りをして寝ました。

 

次の日、あれだけ痛かった鼻の痛みがなんか無くなっていて。
体もやたら軽くなっていて。
明け方の礼拝に行ったら久しぶりに深く祈れて。

 

…肉的な治療ももちろん必要だし、それをやった条件の上なんだろうけど
先生がお祈りしたとおり、神様に近づく努力をしたら、知らぬ間にだいぶ癒されていました。

 

肉と霊。両面が本当に大事なんだなと改めて実感するしかない経験になりました(^◇^;)

 

そして、自分が考えていた方法とはまったく違う方法で治してくださる神様であることを悟りました。

 

具合が悪くなったら、余計に御言葉しっかり聞いて治療法学んだ方が治りが早いですw( ;∀;)ハハハ