倒れたら起こして掴んであげよう

ショボーンとして少し元気になり
またショボーンと落ち
ジェットコースターのような日々を過ごして
少し心が疲れていた最近。

 

気づけば、神様との対話が減っていたことが根本的な疲労の原因だったことに気づきました。

 

 

お祈りはするけど一方的に話すばかりで
神様の心、考えをお伺いしていなかった。
疎通ができていなかったから
心がこんなに苦しかったんだなぁ。

 

そう気づき、神様に様々に疑問に思ったことをお尋ねしてみました。

 

そうしたら心に火がついて、もっと愛して差し上げたい思いが湧き溢れてきました。

 

そして今日、神様が願うことをして差し上げたい思いで過ごしたら
本当にたくさん応えて下さった。

私の願いを全て最高の形で成して下さったし
神様が喜ばれることをして差し上げる力を下さり
助けて下さった。

 

生きて働かれる神様を
キリスト教福音宣教会では、感じるしかありません。

 

本当に生きていらっしゃる神様と一緒に生きられる生は
うまくできない時があったとしても、最後まで行えば必ず応えて下さるから、
感謝と愛、喜びが満ち溢れるしかありません。

 

感謝して、今日も明日も

神様と共に生きていきます。

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
闘病の経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~