「この人苦手、嫌い」―人を愛せない自分を否定しなくていい

日常生活での経緯

あっという間に9月ですね(‘ω’)早い。

9月に入ってから、変わったことがありました。

正確に言えば、戻ったといえばいいのかな。

今私は就労移行支援センターに通っているのですが、コロナの感染拡大の影響と利用者人数が多かった関係で、今までは午前のみ通所組と午後のみ通所組に別れていたのです。

※就労移行支援センターって何ぞ?という方は「就労移行支援センターに行ってみた」という記事をご覧ください☆

それが全員10~14時の通所でもOKになり、私は体力向上のために朝から14時まで通うことにしました。

戻った理由としては恐らく、一気に利用者の方々の就職が決定し、卒業されていって、利用者の人数が半分くらいに減ったのが大きな理由だと思います。

今まで午前中だけだったのが14時までになって、まだ体が慣れなくて少し疲れています(;^_^A

というのは余談で、ここからが本題です。

Twitterでちょこちょこ呟いていたのですが、就労移行支援センターの利用者さんの中で一人、ちょっと苦手な方がいるんですよね。

病院のカウセリングでも、その人が私にしてきたことを話したら、先生が「はぁ!?」ってめっちゃびっくりしてたので(笑)、本当にちょっと変わっているというか…なんというか…癖のある人なんだと思います(^_^;)

通所が午前組と午後組に別れるようになってからは、運よくその人は午後、私は午前組だったので、2か月くらい会わずに済んでいたんですよね。

でも、通所が終日に戻ったことによって、この前すっごく久しぶりにその人に会うようになりました。

すれ違いざまに「お久しぶりでーす」程度の挨拶だけで終わって、特に話さなかったのですが、私はすっかりその人のことを忘れていたので(←オイ)、これからまたほぼ毎日会うと思うと少し憂鬱になりました。

めっちゃ話しかけてくるんですよね。

しかも結構一方的にバーッと話すタイプの方なので、一度捕まるとなかなか逃げられない。

どんな場所にも一人はこういう人いますよね(笑)。不思議。

話しかけられないように避けるのも気を遣うし、だからといってあまりにも邪見にできないし、だからといってまた嫌なこと言われるのは嫌だなぁ。ていうか、そもそもこうやって気を遣わなきゃいけないこと自体が怠いわ」と思って、気が重くなってしまいました(~_~;)

その時、ふと自分の心とよく向き合ってみたら、こんな思考もありました。

『この人苦手、嫌い』だと考える自分ダメだ

「他人のことを嫌う、苦手だと思って避けようとする自分」のことを否定していたんです。

「え?嫌いな人がいるとか普通じゃね?何が悪いの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、神様を信じて聖書を読んでいる方の中には、私のような思考を持っている人もいるんじゃないかな~と思います。

どうしてかというと、聖書に「敵を愛しなさい」と書かれているからです。

『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し迫害する者のために祈れ。こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。あなたがたが自分を愛する者を愛したからとてなんの報いがあろうかそのようなことは取税人でもするではないか兄弟だけにあいさつをしたからとてなんのすぐれた事をしているだろうかそのようなことは異邦人でもしているではないか。それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。

マタイによる福音書5:43-48

御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師は、この聖書の箇所を読んで、ベトナム戦争に参戦中、実際に敵を一人も殺さなかったそうです。

その話をすると長くなるので、詳しく知りたい方は鄭明析牧師(チョンミョンソク)の生涯をご覧ください☆

誰よりも聖書の御言葉を実践された方だから、私たちにもベトナム戦争で実際に敵を殺さず、むしろ生かした話をされながら、「この聖句(マタイ5:44)を守りなさい」とよく御言葉を伝えてくださいます。

なので私の中には「人を憎んではいけない!敵を愛さなければいけない!」という思考があります。

それで多分「この人苦手~嫌だ~」という考えを叱責する思いで、自分を否定したり「敵を愛せない自分はダメだ」と責めたりしていたんだと思います。

でもさ。

ふと思ったんですよ。

もちろん聖句は守るべきだと思いますよ?

でもさ、苦手な人がいるって当たり前じゃね??

78億人以上人がいて、性格や考え方も78億通りあったらさ

そりゃあ自分と合わない人もいるさ??

すべて受け入れられたらすごいけどさ、残念ながら人間は完璧じゃないんでね。

てことはさ、「敵を愛しなさい」とは言うけど、

苦手だと思うのは自由だしOKというか自然な反応なのではないか?

と思った次第です。

嫌いだからいじめてやるとか嫌がらせするとか、それはもちろんしてはいけないけどさ。

「あーこの人苦手だわー合わないわー」ってあっても罪ではないんじゃないか?

という思考にたどり着きました。

その人が痛い目に遭ってるのに「けっざまぁみろ」と思ったり、全く助けないとかはしてはいけないと思いますが(^_^;)

合わない人とどうやり過ごすかとか、どううまく付き合うかとかを学んで、適当にやり過ごせばいいのかなーと。

個人的に勝手にそう思っただけなので、これが本当に正しいかは分かりません。

とりあえず、「自分の感情や感じたことを否定しなくていい」と思ったら気が楽になりました

嫌なもんは嫌です。

「敵を愛しなさい」の意味を、私は正確に分かってないのかもな~。ちょっと誤解していたかも。

もっと学びます(~_~;)

もし万が一同じように悩んでいる人がいたら、と思い記事にしてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

何はともあれ、気楽に生きましょう。

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
日常生活での経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~