自己否定

闘病の経緯

「自分のこと嫌い」は他人も自分も傷つける

先日、実家に帰省しました(都内から都内の移動なので県はまたいでない)。 酔っぱらった父親と少し対話する時間があって、流れで父親が「自分のこと嫌いだし、良いところなんてない」と呟いたのに対し、私も「私も自己...
闘病の経緯

ありのままの自分を出すことが怖い

最近、向き合っていること。 大分マシにはなってきたけど、「あぁ、やはり<ありのままの自分>をさらけ出すのが怖いんだな」って思うことがたくさんあります。 自分の中で整理したいのもあり、今回は「ありのままの自分を出...
闘病の経緯

自責を辞めるためにしている3つのこと

最近、ものすごく自分を責めてしまうことがあり、久々にズドーンと落ちました。 「このままではいけない」と思い、自責を辞める努力を新しくしようと思いました(-_-;) 今回は、今私が取り組んでいる内容を3つ、ご紹介...
闘病の経緯

「助けてください」の一言で救われた経緯

先週、ものすごく自分を責めてしまった時がありました。 ある用事があったのですが、それが思うようにうまくいかなかくて、結果を出せなかったのです。 「どうしてあの時一言言わなかったんだろう。言えば良かったー...
信仰の経緯

「楽しく生きる」って何?よく分からない

絶賛もがき中。 「自分がうまくできなかったからこうなったんじゃないか」 「自分が悪いんじゃないか」 「自分のせいなんじゃないか」 そんな思考がグルグルしていて、最近特に悩んでいます。 ...
闘病の経緯

自分の価値が分からない人に伝えたい言葉

幼いからといって、叱り、止め、たしなめるな。誰かが認めてくれないとしても、神様が認めてくださればいいのです。誰かが私のことを必要のない人だと言いますか?そんなことはありません。誰が、必要のない人生として生まれてきた人はたったの一人もいませ...
闘病の経緯

自己開示してもいい

自己開示が大の苦手なこころです。 こちらの記事で書いた通り、この春から就労移行支援センターに通い始めているのですが、つまりは一から人間関係を築き上げないといけないということで。 桜が咲いて気候も良い感じなのは嬉...
闘病の経緯

「未処理の感情」と向き合う

最近、「『自己肯定感が低い人』が見落としている視点」というネットの記事を読みました。 ちょうど自己肯定感の低さを本当になんとかしたいと思っていたので、タイトルに惹かれて読んでみました。 会社辞めてやっほーいって...
闘病の経緯

適応障害になってから勉強ができなくなった

明日TOEICを受けるこころです。 TOEIC受けるんですが、まずい。 勉強ができない…(;´Д`) この「できない」というのはですね、 ・やる気が起きない ・集中できない ・て...
闘病の経緯

思春期の出来事はコンプレックスの原因になりやすいらしい

思春期というのは小学校の中学年くらいから高校生くらいまでを指します。精神的にも肉体的にも子どもから大人に変わっていく時期です。…(中略)…この時期は自意識が高まって敏感になり、周りが気になり出します。周りの人と自分を比較することが増え、自...