休職して半年が経った現在の心境

闘病の経緯

こんにちは(*’ω’*)

先月8月で、休職してからちょうど半年になりました。

月日の流れは速い(;^_^A

もう半年も経ったのか…と思うと本当に速すぎてびっくり。

この半年を振り返ると、長い人生を考えれば良い期間だったのかなと思っています。

カウセリングの先生にも言われますが、お金もらいながらこうして働かずにゆっくり自分自身に投資できる時間って、なかなかありません。

人生生きる中で最初で最後かもしれない。

自分次第ではまた来るかもしれないけど。

でもその時と今とではまた違う心境・状況だろうから、最初で最後だと言っても過言ではないと思います。

半年間、しんどくもあり、休まりもしました。

最初はとにかく心も体も最悪の状態で、食べられないし眠れないし、寝ても覚めても抑うつ気分がひどくて、何もできませんでした。

しかもちょうどコロナの第一波とぶち当たって、気分転換にお出かけ…とかもできず、引きこもってたので余計気分が落ちていました。

訳も分からずただ泣いてた時もありました。

少し元気になってからは、教会のメンバーに御言葉を伝えたり、教会から頼まれたことを少しずつやったりもしました。

そして今、現在の心境はというと。

半年経つんだ、と思って一番考えたことは、「自分は本当に社会復帰できるのだろうか」ということです。

今はまだ正直働きたいと思えないし、できることならもう少しこのまま休んでいたい。

本当に「働きたい」と思える日が来るのだろうか?というのがとても不安です。

もちろんいつまでも休職できるわけではありません。

時になったら辞めるか、働くか、選択をしなければならない時は来ます。

その時、本当に「働く」を選択できるようになるのかな、ぶり返してまた抑うつ状態に戻ってしまうんじゃないか、という不安が強いです。

会社の制度的にはまだあと1年近く休めはするので、今気分が落ちている状態で考えても仕方のないことかもしれないけど、将来に対して不安でいっぱいなのです。

これが今の心境です。

あと一年でどこまで回復できるのか。

あと一年でどこまで自分の考え方を肯定的に変えられるのか。

すべては自分次第。

不安な気持ちが強いけど、少しずつでも変わっていきたいです。

まずは、自分を好きになれるように…。

イヤー不安(-_-;)