勝手な思い込みで決めつけられると傷つく

日常生活での経緯

Twitterでもツイートしたように、今週の水曜日の朝、ちょっと嫌なことがありました。

(語弊がないように、うまく書きたい…)

ちょっと、言われたくないこと言われたんですよね、電話口で。しかも教会のお姉さんに。

私がすごくもがいて毎日祈って、自分の本音が分からなくなるくらい2年近く悩んだ末に、自分の本心と向き合って決断したことがありました。

そのもがきも決心も、話した相手には分からない。説明してなくて、決断した内容だけ「~です」って言っただけだから。

でも、決断した内容だけ伝えた直後に、「うん、まぁでも~だよね」ってバサッとそれを切るような言葉を言われて、私は自分のもがきの過程も決断も、否定された気分になってしまったのです。

相手は全然悪気なくて、否定するつもりで言った言葉ではないです。

私が勝手に「否定された」と感じただけです。

でも「私が2年間、本当に苦しい思いをして出した決断が間違っているのかな」とも思い、悲しくもなりました。

こちらの話や心情、事情を把握しないまま勝手な思い込みで話されるのって、誰でも嫌だと思います。

でも今回気づいたのですが、私は特に敏感で、こちらの事情も聞かずに勝手な思い込みで決めつけられるのがとてつもなく嫌みたいです(;・∀・)(笑)

今パッと具体的な例が思いつかないのですが、「あなたが私の何を知ってるの!」っていうのは結構頻繁に思います(;・ω・)

幼い頃に自分の意見は否定されて育ったからか、<否定されること>とか、<分かってくれないこと>に対してものすごく過敏に傷ついてしまうのかもれいません。

とにかくその一言が原因で、朝からものすごくイライラしてしまいました。

私は切り替えがド下手で、嫌なこととか寝ても忘れられなくて、一週間くらいは軽く引きずってしまうタイプです。

なのでその日は1日中イライラと怒りが収まらなくて、「イライラも怒りも全部サタンにやられているだけだ!」と思っても、全然イライラと怒りを収められなくて大変でした_:(´ཀ`」 ∠):

しかも、その日に限って御言葉を伝えるというか説教担当日で、「やべーこのままだとサラと喧嘩してイライラしたまま鳩を捧げたアブラハムの二の舞じゃ~」という焦りと戦う羽目にw

「主よ本当にごめんなさい。このままでは私はアブラハムになってしまうので許してください」って、説教伝える前にめちゃくちゃ悔い改めました(;´Д`)(笑)

イライラするのも怒るのも、その一言に傷ついたことも事実ではあるので、隠しても仕方ないから、お祈りで全部神様に告げました。

その時、「あぁ人間が私のすべてを理解できるわけじゃないんだな。人間は本当に無知だし分からない。人が分かってくれることを期待してはいけない神様にだけ期待するべきなんだな」ということを思いました。

様々な問題、患難、心配事がみんなあります。幼い子たちもみんなあります。このような問題にあって、配偶者だったり、親、また友達、知人、指導者たちに助けを求めたりしたことがありますか?ですが、自分の胸の内を分かってくれません

私は本当に、自分は本当に焦っているから話をしているのに、その人は、「ああ、祈りなさい。」心情が分からないから助けてあげることができません。隣にいても助けてくれないから、どれほどやきもきしますか。自分は絶壁の上に立っている心情です。

「これを解決してくれなければ落ちてしまいそう。すべての問題が発生しそうだし、信仰を失ってしまいそう。」それで、そういう時はどうしますか。

今日、この御言葉のように、神様と聖霊様と主を探しなさい。主を呼びなさい。からし種1粒だとしても、生きている信仰を持って呼びなさい

みなさん、様々問題、心配事がありますか。今週はこれを置いて、絶対信仰で祈ってみよう。

「神様、絶対に信じます。主よ、絶対に信じます。共に解決してくださると絶対に信じます。」

すぐに解決できないとしても、これが種になって次の歴史を起こします。そして、これがまた種になってまた次の御働きを起こします。このように歴史が起こっていきます。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

人は分かってくれない。24時間一緒にいるわけじゃないし、仮に一緒にいたとしても、心の動き全部を把握することは不可能だから、結局は分からない。

対話して話をしたらある程度は分かるけど、それもしないまま一方的に話したら、相手を傷つける言葉を言ってしまう可能性もあるのだな、ということも悟りました。

対話をして胸の内も分かるし、誤解もしなくなるし、互いの心も確認するようになるし、仕事を一緒にして御心を広げるようになります。「私の胸の内を分かってくれ」と言うけれども、対話なしにはできません。「一緒に働こう」と言うけれども、対話なしにはやることができません。

神様と聖霊様の前でも、祈りという対話をしなければ、御言葉を聞いても理解ができないし、御心も広げることができないし、誤解も生じるし、疑いばかりが生じます。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

お祈りしたら、自分も同じように相手の状況とか心情を把握しないまま、一方的に決めつけて話してしまったことがたくさんあるということを悟らせてくださいました( ;∀;)

こころにリアルで会ったりLINEとかでやりとりする中で、傷つけてしまっていたら本当すみません…心の底から悔い改めます…( ;;)

自分も気をつけようと思ったし、何より、神様の心をもっと分かって差し上げながら対話しようと決心する良い機会でした。

言葉って本当に恐ろしい。めちゃくちゃ気をつけて生活します…( ;_;)

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
日常生活での経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~