キリスト教福音宣教会に戻りたい方に伝えたい言葉

信仰の経緯

キリスト教福音宣教会で信仰を持つようになってから、早いものでもう9年以上経ちました。

個人的には、キリスト教福音宣教会はとても楽しいし面白いし、友達もたくさんできるし、悩みも解決するし、良いことだらけで本当に好きです。

ですが、全員が全員そう思えるわけではなくて。

残念ながら脱会(※)される方も多いです。

※そもそも「入会」というものがないので、この表現が正しいかは謎ですが、今回は脱会という言葉を使います。

実際、私もこの9年間でたくさんの人が出ていくのを見ました。

しかし、脱会した方々の中で、「戻りたい」と思っている方が結構いるという噂を聞きました。

そんな方々に伝えたい一言。

ぜひお戻りください\(^o^)/

おかえりなさいませ!(≧▽≦)ってお出迎えしますよみんな。

メイド服は着ていませんが。

神様も、鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師も待っていらっしゃると思います。

 みなさんも落胆しないで、持続力。先生が続けて祈ります。

「みんな、信仰、具合悪い人、環境で具合が悪い人、頭が痛いこと、サタン、悪魔、完全に退けてください。父と子と御霊の御名で退けるのに、退かないわけがあるでしょうか。この人たちの精神、思想が生き返るようにしてください。信仰も生き返るようにしてください。切実に祈ります。父と子と御霊の御名で祈るので、悪魔が退き、病気が癒されて、みんな落胆しないようにしてください」と続けて祈ります。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

脱会してしまった人たちが戻ってきたら、会員たちも喜ぶと思います。

私は嬉しいです。

万が一「なんでお前戻ってきたんだ」とかいう人がいたら、それはその人が間違ってると思います。

牧師だろうが誰だろうが「いやいや、あなた何様ですかw」っていう話ですよ。

戻ってきて良い悪いは人間がどういう言えることではないでしょう。

みんな神様のものなんだから。

なので言いたいことは1つ。

気にせず戻ってきてください(=゚ω゚)ノ

 今週の御言葉は、「死から生かしてくださった。ただ全知全能な神様だけがすることができる。恵みを悟って、愛して生きなさい。」

死ぬ目に遭ったことがないという人は、誰もいません。脆弱な人間。人間だから、やはり弱いし、脆弱だし、知らないから。知っていれば避けることができるけれども、知らないから。

人間は生きる中であまりにも多くのことを経験して生きるから、ミスをしないで生きることはできません。ものすごいことを経験するから。絶対的な神ではなく。だから、知らないのが仕方ないということです。だから、そういうことを考える時に、すごく死ぬ目にたくさん遭います。困難な目にもたくさん遭いますし。

死から生かしてくださるというところには、人間の責任分担はほとんどありません。だって、人間がどうやって、瀕死の状態なのに責任分担を果たせますか。人間の責任分担なしに、神様だけが単独でしてくださるのです。

心情を必ず分からなければならない。神様がしてくださる心情。感謝し、ありがたく思って、「神様だけが私たちを見つめていらっしゃり、救われます。神様が過去に生かしてくださったように、現在も死についてのことを解決してくださり、病気も苦難もいろんなことを解決してください」と切実に祈らなければいけません。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

癒しが必要でしたら、うちにケアロボットたちがたくさんいるので、出張させます(●ー●)

ご連絡ください(笑)

 弱くても強くても、主と共に最後までやることだ。
もう悟りましたので、永遠に変わらずに行きます。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋
この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
信仰の経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~