自分を赦せるようになった奇跡

ずっと悩んでいたことがありました。

それは、自分の心がコロコロすぐに変わることです。

固く強く決心して「もう変わらない!」と思ったのに

すぐに思う通りにうまく行かないと、決心が崩れ

「もうやだ、どうしてこんな大変な思いしなきゃいけないの。

神様の御心(=願い)じゃないのか」

このように考えて、諦めそうになったり、二度と変わらないと

決心したのに揺れる自分自身を責めたり、怒ったり、

心が弱い自分は変化できない、と落ち込んでばかりいました。

 

そんな時、鄭明析牧師が私の苦しみを解いて下さいました。

牧師先生は、説教の中で神様はこう考えているよと教えて下さいました。

人は「人間の心はどうしてこんなに変わりやすいのだろう?」と言います。

心が変わりやすいからそうなのではなく、<神経>が鋭敏で、その反応を「自分の心」が感じるのです。

<神経>が鋭利だから神経が感じ、その反応が脳に伝わって、それによって考えが判断して、嫌いだったり好きだったりするのです。

<神経が鋭利でよく感じること>も「祝福」です。

しゅ、祝福!?

私は欠点だと思って、大嫌いだった部分を

先生は「神様の祝福だ」と仰いました。

神経が鋭利でないと綿密なことを感じられず、何事も大雑把にやるんだーと。

確かに。笑

だから「祝福」なんだと教えて下さいました。

更にこんなことまで教えて下さいました。

できないという方にずっと神経を使ったら、憂鬱(ゆううつ)になり、怖く、負担になり、諦めるようになります。

そのような時は<神経>を治めなければなりません。

「できない。私は駄目だ」という方面には神経を切らなければなりません。

<脳神経の鋭利な部分>は、‐「心配し、憂(うれ)い、不安がる方」に使わないで、‐「霊の世界を知るところ」に使い、‐「神様の御言葉を受け入れるところ」に使えばいいです。

先生の御言葉はとても明確でシンプルで、問題をはっきりと裂いて下さるし

いつもどうやったら解決できるのかまで教えて下さるから

御言葉を聞くと脳が整理されてとてもスッキリします。

 

今回も、<心が変わること>が問題なのではなく<鋭利な神経を治めないこと>が

Kokoroの問題だったのであり

短所だと思っていた<神経の鋭利さ>は<祝福>であり、<使う方向>が間違っていたことが

Kokoroの問題なのでした。

 

先生に出会い、御言葉を通して神様に出会い、

苦しみから解き放たれたことが、数えきれないほどあります。

だから大変でも辛くても、時には疲れて教会に行きたくなくても

御言葉の味、苦しみから自由になれる喜びを知ったから

御言葉なしには生きられないのです。

神様に合わせてくれるこの御言葉

もっと価値を分かって、大切に生活の中で活かしていきながら

もっと自分を素敵に作れるよう、明日も頑張ります!!(*´ω`*)