その言葉を言う意味

信仰の経緯

御言葉でよく出てくる「主を頭にしなさい」という言葉。
改めて考えてみるととても深いなと思いました。

主を頭にしなさいということは、自分の考えではなく
主の考え、つまり御言葉で判断し御言葉とおりに行ないなさいということ。

「え、私の意志は尊重されないの?」と感じる方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろもっとより良い物を与えるために、仰ってる言葉なんだなと
Kokoro自身、改めて考えてそう思いました。

人間は、一秒先死ぬかどうかもわからない、
未来のことは分からない。
けれど、神様はご存知だから前もって教えて下さり
死を避けるようにしてくださると
御言葉の中で仰っていたこともありました。

神様はいつも最高のものをくださる。
けれど、人間が神様のその心を分からず
自分が目に見えている範囲の中で
自分が考えられる中の「最高」のものを得ようともがきます。

しかしそのような生はまるで、フンコロガシが牛の糞を転がして
喜んでいることと同じだよとも教えてくださいました。
たとえが面白いですか(^◇^)笑

だから「あなたの考えを捨てなさい」と仰るんだなと
理由を考えると、本当に深いといいますか
聞こえ方が変わりますね。
御言葉だけに限らず、何事も。
その言葉を言う目的、相手の心を考えられたら
誤解とかもっとなくなるんだろうなぁって思います。

神様はただ、私たちを愛するから
ただ愛その一つで、いつも話してくださる。
そのことを忘れずに
これからもたくさん愛を受け
自分も愛して、生きていきたいなと思いました(o^^o)