闘病の経緯

初めてやること。

うまくできないのは当たり前。

一方で、「新人だから」「初めてだから」と言って

それを言い訳にはできないし、したくない。

葛藤の中で、やはりまた自分一人で考え込んで

心配して、悩んで、時間もどんどん流れてしまって

落ち込むし、自分を悪者にして

うまくいかないことに対する怒りや苛々を

全部自分にぶつけて、自分を傷だらけにする。

そして、結局力が抜けるし、ストレスで体調を崩すし、非常に疲れて落胆する。

悪循環の繰り返し。

「もう私の思考回路は直らないんじゃないか」

諦めたくなる時、真っ暗なKokoroの心を

明るく照らしてくれるのは、やはり御言葉でした。

落胆せず、繰り返し行いなさい!

そうすれば、うまくできるようになる。

成長期だから、成長しなさい!

最初はまったくできない。

やってみたことがないことをうまくやるためには、

ひとまず行なってみなければならない。

行なって積んでおいたとき、誰も持っていけないものがある。

自分が行なって得た<知恵>だ。<技術>だ。<実力>だ。

これらは「自分だけのもの」だ。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

変わりたい。

この心に働きかけてくださる神様と聖霊様の手を

絶対に離したくない。

ビリになったとしても

どれだけ遅くても

「最後まで」。

御言葉という神様の手を握り

光の中で生きていこう。

聖霊様が素敵な感動を下さったことに、

心から感謝して、続けて挑戦します(^^)♡

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする
闘病の経緯
シェアする
こころをフォローする
キリスト教福音宣教会(CGM)会員の闘病生活~こころの心理(こころ)~