自己開示してもいい

闘病の経緯

自己開示が大の苦手なこころです。

こちらの記事で書いた通り、この春から就労移行支援センターに通い始めているのですが、つまりは一から人間関係を築き上げないといけないということで。

桜が咲いて気候も良い感じなのは嬉しいけど、

内向型人間にとっては結構困る時期でもあるよねー。

ということで今日は自己開示について考えてみたいと思います。

自己開示が苦手な理由

「こんなこと言ったら変に思われるかもしれない」

「こんなこと言ったら否定されるかもしれない」

「こんなこと言ったらおかしな子に思われるかもしれない」

「こんなこと言ったら嫌われるかもしれない」

とか、色々人によって理由はあると思うのですが、こころの場合は

・人に嫌われるのが怖い=傷つきたくない

・自分に自信がない

・人の目を気にしすぎ

・警戒心が強い

・人見知り

・積極性が足りない

・自己肯定感が低い

などなどですかね。

自己肯定感が低すぎて、「私なんかに興味ないだろう」とか「私の話してもつまらないだろう」って思っちゃうんですよね(;^_^A

だから本当に自分の話するのは苦手です。

この前も仲良し4人組でZoomしたのですが、私がキリスト教福音宣教会に来るようになった経緯とか、バイブルスタディー学んでる最中の経緯とか話すことになったんですよね。

元々要点をスパッとまとめて話してしまう性格(詳細を語らない)なのもあって、

超コンパクトにまとめすぎて、すぐに終わっちゃったんですよねー。

普通、経緯系の話って、1時間2時間は軽く喋る人が多いイメージあるのですが、自分でも「あれ?もう終わっちゃった」ってくらいスパッと終わってしまったんです(笑)。

自分でもびっくりした。

最近そういうこともあって、余計に「自分、自己開示下手すぎるわー」って思いました。

自己開示下手な人間にはお喋りな人が集まる?

もう一つ、思い当たる理由があります。それは、

家でも学校でも、ずっと聞き役になることが多かったこと。

今気づいたけど、喋るの苦手だと自然と聞き役になるもんですよね。

私の周りには、ずーっと一人でしゃべっているような人が多かったです。

母もそうだし、姉もそう。2人がそろうと、ずーっと喋ってて入る隙間がない。

学校の友達も、結構ずーっとべらーっと話し続けるような子が多かった記憶があります。

自分が話さなくても良い環境が自然と作られてきてしまったようです(;^_^A

そりゃ更に自分の話するの下手になるわな。やってないんだもん。

私の話を聞いてくれる子がいなかったわけじゃないですよ。

私が自分の話をすれば聞いてくれる子もいました。でもしなかっただけです。怖いから。

私がちゃんと自分のこと話すようになったのは、教会に通い始めてからな気がします。

バイブルスタディー聞いた後とか、めっちゃ色んな人に感想聞かれるんですよw

あと、会う度に「最近どう?」とか聞かれるから、話すしかない状況になる(;^_^A

うまく喋れてたか分からないけど、「うんうん」って優しく聞いてくださった教会のお姉さんや同世代の友達には大変感謝しております( ;∀;)

自己開示してもいいんだと思った経緯

つい最近、前の会社の元同僚で仲良かった子とご飯しに行きました。

その子も上司と合わなかったり仕事自体合わなかったりで、大変な思いをして、私より先に会社を辞めた子だったので、「私が辞めた後、大変でしたか…?」と話を聞いてくれたんです。

それで、色々つらかったことや事件について話すと、こういわれたんですよね。

なんで話してくれなかったんですか」って。

文章で書くと責めているような印象になってしまうかもしれませんが、ニュアンスとしては「話してほしかった」という意味で、言ってくれた言葉でした。

私はその言葉を聞いてはっとしました。

自分の話してもいいんだな」って、何かがストンと落ちたような、そんな感じがしました。

話すのを待ってくれている存在がいる。

私に関心を払って、知ろうとしてくれている存在がいる。

新たな観点に気づき、目から鱗が取れた感じでした。

その時初めて「自己開示も大事なんだな。自己開示してもいいんだな」って思えました。

自己開示する方法

とはいえ。皆さんもお気づきかと思います。

「いや、この人めっちゃブログ書いてるやん。めっちゃ自己開示してるやん」って。

うーん、説明しにくいのですが、自分の中では、ブログは自己開示とは少し違うんですよねー。

プロフィールページに書いたとおり、このブログの目的は<自己開示>ではなく、<私が変われたんだから、あなたも御言葉学べば変われるよ>とか、<神様の御言葉すごいんだよ>っていうメッセージを伝えるためです。

そのメッセージを伝える過程で自分の経緯を書くという自己開示をしているわけであって、決して<自己開示=自分の話をする>ことが目的ではないんです。自分の中では。

だからブログは書けるし、神様がしてくださったことを話すことを「証する」って表現をするんですが、証することは好きだからいくらでもできるんですよね。個性ですね。

それでもね、やっぱりなんか「ざっくりと伝えているなぁ」とか、「もっといろいろ思っていることはあるんだけどなぁ」とか、消化不良感を感じながら書いているんですよ、実は。

証するにも、自分の経緯を話さなきゃいけないから結局自己開示することになるのですが、難しい。

昔に比べれば、めちゃくちゃ自分のこと話すようになった方ですけどね。

高校生の時、聞き役してたら「自分の意見も話してよ!」って怒られたこともありましたw懐かしい。

自己開示どうしたらいいかなって最近悩んでましたが、練習あるのみですかね(;^_^A

まずは親しい人から、徐々に自分の話できるようになっていきたいものです。

あとは何より、文章で書く!!( ・´ー・`)ドヤァ

この方が個性にあっているっぽいです。

話すより文章で書く方が話せますw

以上、自己開示についてでした~☆

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から休職中。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
CGM会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!ベイマックスのハッピーライドに乗りたい。
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする