会社を辞めました

闘病の経緯

Twitterでちょこちょこ呟いていたのですが、遂に今月末をもって、今の会社を辞めることになりました(;^_^A

Twitterでのつぶやき

退職届ももう出して、会社に置いてあった荷物は全部郵送してもらって、辞める準備は着々と進んでおります\(^o^)/

辞めるまでの経緯

「辞めようかな、復職しようかな」というのはずっと悩んでいました。

最初は復職するつもりでいたんですよ。

「もう一回頑張ってみようかな」って。

でも、「辞めよう」と決心するに至るきっかけとなる出来事が起こりました。

休職して1年が経とうとしていた2月上旬のある日、会社の人事と電話面談をしました。

そこで発せられた一言はこちら。

「会社側の判断としては、こころさんは復職するのは難しいじゃないかと思う」

聞いた瞬間プツンと何かが切れた気がしました。

怒りや悲しみや悔しさやら、色んな感情が湧いてきました。

もちろんその場ですぐに返事はせず、「会社側の判断を聞いたうえで考えてみて、また来月電話面談する時答えてください」という流れになりました。

正直、結構ショックでした(;^_^A

会社側の言い分としては、<復職=同じポジションに戻る=同じ上司の元で働く→上司が原因で病気になったと思っているから(合ってるけど)、また同じ悲劇が繰り返されるんじゃないか>というロジックらしい。

要は、会社側は上司をどうにかする気ないということですね。

そう考えたとたん、今度は「はぁぁぁぁぁぁぁ?!( ゚Д゚)」ってなってきて(笑)、しばらく怒ってました。

もちろん一時の感情で大事なことを決めるのは危ないから、しばらく神様にお祈りしたり、人にも相談したりしながら、この先どうするかを考えることにしました。

一番心配だったのが、傷病手当金がもらえるかどうかだったのですが、退職後ももらえると知り、他にも今の会社にしがみつく理由がまったくないことに気づき…

それで出した結論は、

「よし、社員を守らないようなこんな会社さっさと辞めてしまおう!

もう前に進んで、新しい環境で頑張ろう!\(^o^)/」

でした。

辞めると決めた後の心境

辞めると決めたら、結構気持ちがすっきりしました(笑)。

今まで毎月部長に、近状の報告や「休職延長お願いします」を伝えるメールを出さなきゃいけなくて、それも精神的に負担だったし、何よりもう二度とあの会社に行かなくて済むことに「ひゃっほーい!」ってなりました(笑)。

思っていた以上に、相当今の会社嫌いだったみたいですw

「退職します」っていう電話をかけるのは緊張したし憂鬱だったし、退職の手続きは「面倒くさいなぁ」と思ったけど、今はこれでよかったなと感じています☆

最後に

私と同じような境遇にいらっしゃる方へ。

退職しようかどうか迷っていらっしゃるようでしたら、メリットデメリット書き出してみて、今の会社である必要がないとか、いなきゃいけない理由が見当たらなかったら、思い切って辞めてみるのも一つ手かもしれません。

分別ということは、人生を生きていく中で本当に必要な、ものすごいものだ。分別ができなければ、判断を間違える。

これをやるべきかどうか?そういう時は、析いてみなさい。析いて、見て、分析をすることだ。

分別は分析する、計算する。そうしたら答えがでる

分別を間違えたら失敗してしまう。分別を間違えたら、いくら苦労しても無駄になる。まず分別をきちんとしなければならない。

分別できたら、判断できる

果敢に大胆に落ち着いてやる時に、分別できるようになる。あまりあたふたやるとできない。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

いうて税金やら保険やらのお金関連のこととか、就活とか、次の新たな不安は生まれてくるし、まさに私は今新しい不安に駆られてはいるので、慎重に考えていただきたいし、退職を勧めるわけではありません(;^_^A

あくまでも「こういう人もいるよ。ご参考までに」という意味として捉えていただければ幸いです(-_-)

こころは「就労移行支援センターに行ってみた」という記事にも書きましたが、4月からは就労移行支援センターに通いながら体調整えていきつつ、就活頑張ろうと思っています(^^♪

未来に向かって、前を向いて頑張るぞ~!\(^o^)/

さらば、○○社!!

この記事を書いた人
こころ

2015年8月に適応障害の診断を受け、2019年2月から1年1か月休職し退職。
自分の心理を分析しながら、心の傷を癒していっています(^^)
キリスト教福音宣教会会員として神様の愛を学びながら、自分と他人を愛せるように頑張っています☆
ディズニー大好きで、特にベイマックスが大好き!(●ー●)
ディズニーのアトラクションは、ベイマックスのハッピーライドが1番好きです!
(詳細については↑の「”こころ”」をクリック☆)

こころをフォローする